うつの治療を行なう|無理をしないで心療内科を受診してみよう|ストレスは病気の原因に

無理をしないで心療内科を受診してみよう|ストレスは病気の原因に

男女

うつの治療を行なう

先生

生活習慣が重要です

昨今増えているうつ病は、時に就業中の方にも発症します。こういった方がうつ病になると、やむを得ず一時的な休職という形をとらざるを得ないのが現実です。数か月程度療養することで、英気を養うのがこういった休職の目的と言えます。ですが、一見大きなメリットにも思えるこのような休職期間は、場合によって症状にマイナスの影響を与えることがあるのが問題です。例えば生活のリズムが乱れることによる、自律神経の乱れなどが挙げられます。自律神経は、起床から睡眠までの生活リズムの中でバランスを保ちながら働きます。従って、このような生活リズムが乱れると自律神経にも少なからず支障が現れてくるのが常です。うつ病の方の場合には、元々心身のリズムが不安定な状態にあるため、こういった自律神経の乱れはさらに病気を悪化させる要因となり得ます。休職期間中は、どうしても起床時間や食事の時間が不規則になりがちです。そのため、就業中のような規則的な生活が送れなくなってしまいます。外出する習慣がないと、引きこもりのような状態になってしまうこともあるのが厄介な点です。こういった事態を避けるためには、大阪の心療内科などが設けるようなサポートプログラムを利用するのが一つの方法と考えられます。

復職がスムーズになります

大阪の心療内科では、うつ病で休職中の方を対象に独自の復職のためのプログラムを設けます。このプログラムは朝から夕方までのスケジュールを組んで、参加者たちが集団生活に復帰できるようなサポートをするのが特徴です。コミュニケーションや自分を表現するためのノウハウを学びなおすことで、社会に復帰するための自信やパワーを身に着けることが出来ます。プログラムには臨床心理士などのメンタルケアのスペシャルが参加するため、適切な形でサポートが受けられるのが大きなメリットです。この手のプログラムは、他の参加者たちとの交流も一つの治療となります。プログラムの中ではお互いが影響を与え合うシーンも多く、実社会と同様の体験が出来るのがポイントです。うつ病の場合、病気自体が治っても自信や社会感覚を取り戻すことが難しいことがあります。そのような心配があるときに、この大阪の心療内科が提供するようなプログラムを利用すればスムーズに社会復帰が可能です。復帰後のケアも大阪の心療内科では実施しており、環境の変化をバックアップする態勢が整えられています。不安定になりやすい時期に特に集中してアプローチするのが、このクリニックの試みです。